1リーグジャパン| 2024 サッカーランキング

J1 League 2024

PWDLGFGAFormPts
1Albirex Niigata
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
2Avispa Fukuoka
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
3Cerezo Osaka
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
4Consadole Sapporo
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
5Gamba Osaka
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
6Júbilo Iwata
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
7Kashima Antlers
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
8Kashiwa Reysol
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
9Kawasaki Frontale
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
10Kyoto Sanga
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
11Machida Zelvia
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
12Nagoya Grampus
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
13Sagan Tosu
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
14Sanfrecce Hiroshima
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
15Shonan Bellmare
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
16Tokyo
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
17Tokyo Verdy
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
18Urawa Reds
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
19Vissel Kobe
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0
20Yokohama F. Marinos
0
0
0
0
0
0
EEEEE
0

J1リーグジャパン

J1リーグは日本プロサッカーリーグの最高部門です。これは、最も成功したアジアのクラブサッカー大会です。これは、日本サッカーのリーグ構成の最初のレベルです。しかし、それはこの競争に批判者がいないという意味ではありません。 J1リーグは非常に競争力があります。これが、多くの外国のクラブがこの大会に出場することを望まない理由です。実際、それは非常に競争の激しいリーグなので、チームを賢く選ぶことが重要です。

Jリーグは日本で2番目に人気のあるリーグです。リーグはディビジョン1の18チームで構成されています。各チームはシーズンに4試合を行います。各部門の上位3チームは、リーグの次のレベルに進みます。第1部より下位の部はありません。第1部は首都圏リーグと日本プロサッカーリーグで構成されています。各チームは単一の部門で競争します。各部門には独自の規則と規制があります。

Jリーグには2つの部門があります。最初の部門は18チームで構成され、2番目の部門は16のクラブで構成されています。 2層構造の導入以来、Jリーグは10チームから18チームに成長しました。日本ではまだ競争力がありますが、競争の規模は年々大きくなっています。トップディビジョンはJ1リーグです。 2番目の部門では、チームも2番目の層で競争しています。